似ているが違う、理学療法士と作業療法士のちがい!【高校生ブログ】

似ているが違う、理学療法士と作業療法士のちがい!【高校生ブログ】

はじめに

こんにちわ!高校生ブロガーのせーあです。

 

お前誰や⁉って方は前に自己紹介をしているのでよければそちらもご覧ください。

 

 

さて、今回は理学療法士と作業療法士の違いについてまとめてみたいと思います。

 

イメージ的には「どっちも病院で働くんでしょ?」?くらいの人がほとんどだとは思いますが、実は大きく異なる点があったり活動場所も病院だけではなかったりするんです。

 

では詳しく見ていきましょう!!

 

 

活動内容

それぞれどんなことをしているのでしょうか?

 

理学療法士

理学療法士の画像

 

理学療法士は基本的な動作のリハビリテーションを行います。立ち上がる、起き上がる、歩く、寝返るなどといったことをします。

具体的には「運動療法」と「物理療法」によって患者さんの身体の機能の回復や予防に努めます。

 

そもそも、運動療法と物理療法とは何なのでしょうか?

運動療法は運動によって関節の可動域をて広めたり筋肉を強くしたりします。具体的には手すりを使って歩く練習をしたり、車いすからの立ち上がりを練習したりします。

 

物理療法は、電気や熱などを用いて、運動機能の回復や痛みの軽減を目指します。具体的には電気治療では血流を良くし身体を温めたり、痛みを感じる物質を除去したりします。

 

また、医師、看護師などと連携しながら患者さんをサポートし、患者さんに寄り添う仕事だといえるでしょう。

 

作業療法士

作業療法士の画像

 

作業療法士は日常生活をスムーズに送るための応用的動作の練習社会的適応能力の回復を目指します。例えばお箸を持つ、文字を書く、何かを掴むなどです。

また作業療法士は心のケアすなわち精神分野のリハビリテーションも行います。なので作業療法士の中には普通の病院ではなく精神科の病院に勤務する人もいます。

そこでは、統合失調症の方などに対してその方にあったプログラムを計画・実施します。

 

こちらも、患者さんをよく見て、患者さんを考える仕事ですので、患者さんに寄り添う仕事だといえるでしょう。

 

違い

理学療法士と作業療法士の仕事の内容を見てきて大きく違うことは何を目的とするかでしたね。

理学療法士は基本的で大きな動きを練習するのに対して、作業療法士は応用的で指先などを使った動きを練習します。

また作業療法士は精神分野での活躍もあるというのも特徴ですね。

 

 

社会的な違い

 

人数

日本理学療法士協会では理学療法士は2018年の統計で127000人、作業療法士は2017年の統計で74615人とされています。 引用元:https://www.mhlw.go.jp/content/10801000/000499148.pdf

 

データは一年のずれがありますが、理学療法士のほうが日本では多いといえるでしょう。

その理由はわかりませんが、筆者的に考える一つの理由はスポーツとの関わりかなと思います。

 

トレーナーをやられている方で、理学療法士の方はよく知っていますが作業療法士の方はあまり聞きません。身体の動きのスペシャリストということでスポーツに活かせれる活所があるのかなと勝手に思っています。

 

給料

次にお金の話です💰(笑)

 

理学療法士で20~24歳の場合の初任給は3,623,700円です。引用元:https://co-medical.mynavi.jp/pt/column_1/

 

作業療法士では20~24歳の場合で初任給は250,000円程度と理学療法士よりは少ないです。引用元:https://www.ptotst-worker.com/nensyu/starting_salary_ot.php

 

いろんな所から情報を集めましたがやはり理学療法士のほうが給料はいいみたいです。

 

 

まとめ

さて、今回は理学療法士と作業療法士の違いについてまとめましたがどうだったでしょうか?

すごく似ている職業だと思われがちですが、それぞれの得意分野があり、働く場所も病院いがいにもありましたね。

 

筆者自身初めて知る内容などもありましたので、何か間違いなどありましたら、ご連絡ください。

 

 

また、理学療法士や作業療法士以外の資格については下の記事でまとめているので是非ご覧ください。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m